合宿免許のメリットとデメリット

一定の期間、宿泊施設に滞在しながら運転免許を取得する合宿免許ですが、普通に通学で免許を取得するのと合宿で免許を取得するのとどちらがいいのか、合宿で免許を取ることに興味はあるけどどこか不安があるなど素朴な疑問についてまとめてみました。
まず、合宿でも通学でも基本的に大きな違いはありません。

どちらも授業の内容や量は変わりませんし、卒業後は証明書が交付されて試験所で筆記の試験を受けるだけというのも変わりません。
合宿免許のメリットは、通学の教習の場合、補修になると追加料金がかかりますが、合宿の場合は、何度やり直しになっても追加料金がかからない「卒業まで保証」のスタイルがほとんどなので、料金は宿泊食費を含んだパック料金ですが、それでも普通に通うより安い金額です。
教習所までの交通費はほとんどのところで補助してくれるのも魅力です。そして、通学の場合、普通でも1ヶ月半ほど、夏休みや卒業シーズンなどの込み合う時期では、3ヶ月くらいかかるのと比べると、合宿免許でAT限定なら14日間という短期間で卒業可能です。

合宿免許の情報を提供中です。

合宿なので普段では会うことのない友達ができたり、合宿先は全国各地にあるので沖縄や京都、神戸といった観光地にある教習所では観光も楽しむことができます。

反対にデメリットは、夏休みや春休みなど2週間ほどのまとまった休暇が必要で、その間はバイトやレジャーなどの予定を入れることができませんし、価格や食事など条件のいいところはすぐ満席になってしまいます。

合宿では、かなり詰め込んだスケジュールになるので通学の場合と比べて短い時間で勉強する必要もあるので少しハードなのと、ほとんどの教習所では年齢制限を設定しているので、年齢に関係なく合宿を申し込むことはできません。
このように、合宿で免許を取得するのにはメリットとデメリットがあります。

T-SITEに関してお困りですか。

実際に合宿で免許を取得した人の意見も聞いて判断するのもおすすめです。